コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲の阿国 いずものおくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出雲の阿国
いずものおくに

歌舞伎の創始者とされる女性。松江の鍛冶職中村三右衛門の娘で,出雲大社の巫女であったというが,各種の伝説があって不明確。中世末期の歩き巫女と考える説もある。女性中心の舞踊団 (→阿国歌舞伎 ) を組織して全国を巡演し,慶長8 (1603) 年には京都で「かぶき踊」を興行して,広く庶民,武士,貴族の間に人気を得,結城秀康もこれを城中に招いたという。この「かぶき踊」は,男装して茶屋通いの様子などを見せたり,レビュー式の踊りを見せたりするもので,これに追従して多くの遊女歌舞伎女歌舞伎が生まれた。晩年は故郷で出家,智月尼と称して 87歳で没したといわれるが,慶長 12年没,慶長 18年没説があり,また2代目,3代目があったという説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いずものおくに【出雲の阿国】[書名]

有吉佐和子長編小説昭和42年(1967)より「婦人公論」誌にて連載。昭和43年(1968)、第6回婦人公論読者賞受賞。昭和44年(1969)から昭和47年(1972)にかけて単行本全3巻を刊行。昭和45年(1970)、第20回芸術選奨受賞。平成18年(2006)テレビドラマ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

出雲の阿国

日本のテレビドラマ。放映はNHK(2006年1月~2月)。歴史時代劇。全6回。原作:有吉佐和子。脚本:森脇京子。音楽:牟岐礼。出演:菊川怜堺雅人鈴木一真、津田寛治ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出雲の阿国
いずものおくに

生没年未詳。一般に歌舞伎(かぶき)の創始者とされている女性芸能者。伝説によると出雲国(島根県)松江の鍛冶(かじ)職中村三右衛門の娘で、出雲大社の巫女(みこ)だったという。江戸時代の初め京に上り、大社修繕のための勧進(かんじん)と称して芸能を演じた。初めは北野天満宮境内や五条河原に小屋がけして、「ややこ踊」や「念仏踊」といった単純な踊りだったが、1603年(慶長8)春のころ、男装して歌舞伎者に扮(ふん)し、茶屋の女のもとへ通うさまをみせる「茶屋あそびの踊」を創案し、異常なまでの人気を集めた。これが「歌舞伎踊」である。歌舞伎踊の創始については、夫となった狂言師三十郎(鼓打ちの三十郎とも、あるいは歌舞伎者の名古屋山三(なごやさんざ)とも伝える)の指導と協力があったというが確かではない。阿国の芸団は佐渡へ行ったともいい、江戸に下って千代田城内の能舞台で芸を演じたともされる。没年は、1613年(慶長18)に67歳で没したとも、故郷に帰って智月尼(ちげつに)と称し、87歳の高齢で没したともいい、また1607年(慶長12)小田原で没したとするなど、諸説があり、いずれも信じがたい。
 1600年(慶長5)7月に、出雲国出身と名のる「クニ」が宮中に参入し、ややこ踊を演じたとの記録(時慶卿記(ときよしきょうき))がある。また、北野社関係の文書に、「くにと申(もうす)かぶき女」が登場する。これらが出雲の阿国に関して信頼できるごく限られた史料である。出身については多くの説があるが、いずれも決定的とはいえず、奈良近郊の散所(さんじょ)出身の「歩き巫女」とする想像が現在の通説となっている。阿国歌舞伎の成功をみるや、ただちに模倣する者が輩出し、彼女らも「国」を名のったことから複数の阿国が現れる。後世に、阿国の2代目、3代目がいたとする説が出たのは、俗資料の間の年代的な矛盾を解決しようとしたためであろう。[服部幸雄]
『吉川清著『出雲の阿国』(1953・田中書房) ▽服部幸雄著『歌舞伎成立の研究』(1968・風間書房) ▽小笠原恭子著『出雲のおくに』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

出雲の阿国の関連キーワード安土桃山時代(年表)いまむら いづみリンゼイ ケンプ太地 喜和子有吉 佐和子名古屋山三郎八十川真由野伊原 青々園山崎辰三郎若衆歌舞伎木島多美子紫野明日香井波ゆき子山像かおり杉山美穂子黒河内雅子名古屋山三伊原青々園立石まゆみ歌舞伎舞踊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出雲の阿国の関連情報