出面/出頰(読み)デヅラ

デジタル大辞泉の解説

で‐づら【出面/出頰】

《顔を出すことによって与えられる金銭の意》日雇い労働者などの日当。でめん。
顔出しをすること。出席すること。
「あのざまで此の中へ―は何事と、一度にどっと笑ふ声」〈浄・百人上﨟〉

で‐めん【出面】

でづら1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

で‐めん【出面】

〘名〙
① 時間による賃労働や、日雇の労働。また、その労働者。
※生れ出づる悩み(1918)〈有島武郎〉八「漁夫達や、女でめん(女労働者)や、海産物の仲買と云ったやうな人々が」
※茂次郎の話(1930)〈岡田三郎〉「半日出面(デメン)がせいぜいで」
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉四「町へ一日、二日の『出面(デメン)』を取りに行ってゐるものも休んで出迎へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android