コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分収制林業 ぶんしゅうせいりんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしゅうせいりんぎょう【分収制林業】

林地所有者と植林者とが異なり,収益を両者で分け合う方式の林業をいう。18世紀ころから全国各地に生まれ,取分林(とりわけばやし)(津軽藩),植立林(うえたてばやし)(秋田藩),二部一山(にぶいちやま)(福岡藩)などと呼ばれたものがそれで,東北地方と九州地方南部に比較的多くみられた。これらの分収制林業は,藩の管理する山に主として農民などが植林し,収益を藩と植主とが7対3とか2対1とかの割合で分け合った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android