コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分木 ぶんぎ

1件 の用語解説(分木の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぎ【分木】

1本の水路から,用水を二つの区域や村に分ける際にとられる技術的手段の一種で,分水点に目盛木を立て,その高さによって分水を行うのが分木である。例として滋賀県東浅井郡浅井町相撲庭(すまいにわ)の姉川北岸に取入口をもつ〈大井〉の井口に打つ分木がある。〈大井〉取入口の対岸には,大井組の加入村の相撲庭,野村,三田村の3ヵ村よりも強大な郷里(ごうり)荘を灌漑する〈横井〉があって相対立し,中世を通じてしばしば水論を惹起していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分木の関連キーワード箱根用水二つ髷水の手用水用水堀川揚用水ぬるめ二つ割用悪水路霞ケ浦導水事業

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分木の関連情報