コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分木 ぶんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぎ【分木】

1本の水路から,用水を二つの区域や村に分ける際にとられる技術的手段の一種で,分水点に目盛木を立て,その高さによって分水を行うのが分木である。例として滋賀県東浅井郡浅井町相撲庭(すまいにわ)の姉川北岸に取入口をもつ〈大井〉の井口に打つ分木がある。〈大井〉取入口の対岸には,大井組の加入村の相撲庭,野村,三田村の3ヵ村よりも強大な郷里(ごうり)荘を灌漑する〈横井〉があって相対立し,中世を通じてしばしば水論を惹起していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分木の関連キーワードヒープソートツリーソート完全2分木AVL木番水榜木

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android