切要(読み)セツヨウ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐よう〔‐エウ〕【切要】

[名・形動]きわめて重要なこと。また、そのさま。肝要。「切要な対策」
「学業を為すに大なる―の事なり」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつよう【切要】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に大切な・こと(さま)。肝要。肝心。 「人生日用の間、甚だ-なるものなり/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android