重大(読み)ジュウダイ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐だい〔ヂユウ‐〕【重大】

[名・形動]
事柄が普通でなく、大変な結果や影響をもたらすような状態であること。また、そのさま。重要。「事の重大を感じる」「重大な局面」「重大発表」
軽々しく扱えない、大切な事柄であること。また、そのさま。「重大な役割」
重く大きいさま。
「―なる舟車を自由に進退す可し」〈福沢学問のすゝめ
[派生]じゅうだいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐だい ヂュウ‥【重大】

〘名〙 (形動)
① そのままにしておいたり、失敗したりすると、それを処置する苦労や他への影響が非常に大きくなりそうなさま。軽々しく扱えないような事態であること。
※日本外史(1827)二一「会津事勢重大、家長・家忠皆宜扈従
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉八「今より重大な責任と云へば、数学の主任だらうが」
② 重々しくて大きいこと。また、そのさま。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「貴族は必ず馬に騎して重大の兵器を携へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報