肝心(読み)カンジン

デジタル大辞泉「肝心」の解説

かん‐じん【肝心/肝腎】

[名・形動]《肝臓と心臓や腎臓は、人体にとって欠くことのできないものであるところから》最も重要なこと。また、そのさま。肝要。「―な」「慎重に対処することが―だ」

きも‐ごころ【肝心】

《「きもこころ」とも》心。たましい。正気。
「―も失せて、防がんとするに力もなく足も立たず」〈徒然・八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android