コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝要 カンヨウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐よう〔‐エウ〕【肝要】

[名・形動]《人間の肝(きも)と扇の要(かなめ)の意から》非常に大切なこと。最も必要なこと。また、そのさま。「何事にも辛抱が肝要だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんよう【肝要】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に大切な・こと(さま)。肝心。 「 -な点」 「忍耐が-だ」
( トタル ) [文] 形動タリ 
に同じ。 「唯修業-たるべし/新聞雑誌 55

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肝要の関連キーワード鳩を憎み豆を作らぬオゴタイ・ハーン外傷性股関節脱臼勘所・肝所・甲所兵は拙速を尊ぶ汝自身を知れ的確・適確吉川元春妻日祐(1)スキャルプ不完全燃焼職場不適応一枚起請文原文書誌学繊細の精神肝心・肝腎噴火予知事業承継耐火煉瓦等価回路

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝要の関連情報