列車ダイヤ(読み)れっしゃダイヤ

百科事典マイペディア「列車ダイヤ」の解説

列車ダイヤ【れっしゃダイヤ】

列車運行図表ダイヤdiagramとも。一定線路の列車運転状況を表した図表縦軸に上端を始発駅として停車場名を,横軸時刻を示し,各列車の着発時刻を停車場線と時刻線の交点にとり,下り列車は左上から右下へ,上り列車は左下から右上への斜線で表示する。列車番号,運転区間,行違い,待避,その他運転上の必要事項も記載。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「列車ダイヤ」の解説

れっしゃ‐ダイヤ【列車ダイヤ】

〘名〙 (ダイヤは「ダイヤグラム」の) 鉄道で、列車の運行のようすを一目でわかるように図示したもの。時刻を横軸とし、距離を縦軸とした座標に、列車の運行の軌跡を停車場間を単位とする折線で示す。列車運行図表。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「列車ダイヤ」の解説

れっしゃ‐ダイヤ【列車ダイヤ】

特定区間の各列車の運行状況を1枚の図に表したもの。縦軸に距離、横軸に時間をとって線で示す。列車運行図表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「列車ダイヤ」の解説

れっしゃダイヤ【列車ダイヤ train diagram】

列車運行図表,または単にダイヤともいう。時間と距離を縦軸と横軸にとった図表の上に列車の運行状況を図示したもので,いわば列車が運転される軌跡(列車線)を示したものである。イギリスで考案されたといわれ,日本では1897年ころから広く利用されるようになった。列車ダイヤには時間を横軸に距離を縦軸にとったものとその逆のものがあるが,JRをはじめ日本では前者が採用されており,後者は明治中ごろまでの列車ダイヤ創成期と一部外国にその例を見るにすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android