コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初唐四傑 しょとうしけつChu-tang si-jie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初唐四傑
しょとうしけつ
Chu-tang si-jie

中国,初唐の詩人,王勃 (おうぼつ) ,楊炯 (ようけい) ,盧照鄰 (ろしょうりん) ,駱賓王 (らくひんのう) の4人をいう。その姓をとって「王楊盧駱」とも並称する。高宗から則天武后の時代にかけて,従来の南朝風の発想や表現から脱した清新な抒情の詩風の代表者たち。ともにあまり出世せず,不幸な運命をたどった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょとうしけつ【初唐四傑】

中国,唐の則天武后の時代のすぐれた詩人4人,王勃(おうぼつ)(649‐676),楊炯(ようけい)(650‐695?),盧照鄰(ろしようりん)(637‐689),駱賓王(らくひんのう)(640?‐684?)をいう。略して王楊盧駱ともいう。この呼称は彼らの生存時からすでにあったと思われる。唐の詩が南朝の余習を脱して,新しい詩風を確立した初期の貢献者とされる。王勃と楊炯は,ことに五言律詩の形式を完成するのに尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初唐四傑
しょとうしけつ

中国、初唐期に活躍した王勃(おうぼつ)、楊炯(ようけい)、盧照鄰(ろしょうりん)、駱賓王(らくひんのう)の4人の詩人をいう。「王楊盧駱」ともよび、ともに高宗(在位649~683)の治世年間に名が出て、当時すでに「四傑」の呼称があったと思われる。いずれも政界ではさほど出世できず不遇の一生を終えているが、その作品は、六朝(りくちょう)風の華麗な表現を残しながらも、題材と情感の新鮮さによって人々の賞賛を受けた。とくに送別や寄贈の作、また詠物(えいぶつ)の詩には、六朝詩に希薄な個性と時代性の反映が認められ、形式面でも近体詩の律詩形式を用いた作品が少なくないなど、次の盛唐期の詩風を切り開く先駆的な役割を果たした。とりわけ王勃に優れた作品が多く、四傑の代表と目されている。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

初唐四傑の関連キーワード文中子高啓佐藤天才

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android