コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制度取調局 せいどとりしらべきょく

2件 の用語解説(制度取調局の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいどとりしらべきょく【制度取調局】

明治憲法体制へ移行するための制度整備をはかるため新設された部局。1884年3月17日宮中に設置され,参議伊藤博文がその長官を兼任した。21日に伊藤は宮内卿も兼任し,宮中の制度的整備も推進することになった。参事院議官の井上毅(こわし),伊東巳代治太政官権少書記官渡辺廉吉牧野伸顕らが制度取調局御用掛を兼任,井上,伊東らは憲法問題などの重要事項について調査し,渡辺,牧野ら少壮官僚はその下にあって諸般の制度取調べに従事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

制度取調局
せいどとりしらべきょく

立憲政治に備える諸制度の改革および法案の起草、審査を行った機関。憲法および諸制度の調査、研究を終えて欧州から帰国した伊藤博文(ひろぶみ)の上奏(じょうそう)に基づき、1884年(明治17)3月17日に宮中に設置された。長官には伊藤が就任し、太政官(だじょうかん)に属する重要機関たる参事院(1881年10月21日設置)の主要な構成員が、制度取調局御用掛(ごようがかり)を兼務した。このなかには、伊藤のもとでのちに憲法の起草を担当する参事院議官井上毅(こわし)、同議官補伊東巳代治(みよじ)、太政官権大書記官金子堅太郎(けんたろう)も含まれている。この制度取調局において、内閣制とそれに伴う諸官制、官吏任用制度、地方制度、行政裁判制度および国会、皇室、華族の諸制度などの立案・改革作業が行われた。85年12月22日、内閣制の創設に伴い、参事院とともに廃止され、その事務は法制局が継承した。[吉井蒼生夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制度取調局の関連キーワード移行明治憲法ロエスレル旧憲法市制法制移行乳漁港漁場整備長期計画景観整備機構坂野潤治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone