前行(読み)ゼンコウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐こう〔‐カウ〕【前行】

前に進むこと。前進。
他に先だって行くこと。また、軍隊の先鋒(せんぽう)。
以前の行い。「前言前行
行幸のとき、御前に立って案内する役。
「高御座(たかみくら)の行幸に、―とかや何とかやいふことなど勤め給ふ」〈増鏡・久米のさら山〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんこう【前行】

先に行くこと。先行。
以前のおこない。
行幸の時、先に立って案内する役。 「高御座たかみくらの行幸に-とかやなにとかやいふことなど勤め給ふ/増鏡 久米のさら山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐こう ‥カウ【前行】

〘名〙
① 前に進むこと。前進すること。進歩。
※兵範記‐保元二年(1157)八月一九日「次納言以下、為下臈門、渡大臣前北前行」 〔晉書‐長沙王乂伝〕
② 人より先に行くこと。先立って行くこと。また、軍隊などの先鋒。先行
※新撰朗詠(12C前)上「前行を告ぐるに似たり浪に臨む夕 帰路に迷はむと欲(す)雲に隠るる秋〈菅原忠貞〉」 〔呉子‐応変〕
行幸のとき、天皇の御前に立って案内する役。
※玉葉‐仁安元年(1166)一一月三日「公卿為騎馬前行」 〔漢書‐終軍伝〕
④ 以前の行ない。さきの行為。先行。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「君子は既往を語らず、前言前行(ゼンカウ)は唯戯れのみと」 〔管子‐制分〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前行の関連情報