コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇団東童 げきだんとうどう

2件 の用語解説(劇団東童の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劇団東童
げきだんとうどう

児童劇団名。 1914年3月,宮津博,芝田圭一らによって創立。子供にすぐれた舞台芸術を見せることを目的に,『アンクル・トムズ・キャビン』『青い鳥』などの翻訳劇や宮沢賢治坪田譲治らの童話の脚色作品,詩の朗読などの公演を行い,日本児童劇の草分けとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劇団東童
げきだんとうどう

劇団名。子供会活動から出発し、1928年(昭和3)詩人・劇作家・演出家の宮津博(ひろし)(1911―98)を中心にひまわり会の名称で第1回公演を行った。後に虹(にじ)の国、29年には東京童話劇協会と改称。同年の第5回公演から東京童話劇協会の略称である東童をプログラムに使用し始めた。59年の第103回公演で本公演を終了し、地方公演などの活動を続けていたが、現在は活動していない。
 「大人と子どもの共存する舞台」という一つの演劇ジャンルを開拓、確立し、大泉滉(あきら)(1925―98)などのすぐれた少年少女俳優を輩出した。日本の児童青少年演劇史のなかで、とくに昭和前期の活動には特筆すべきものがある。築地小劇場(1940年「国民新劇場」と改称)を中心に公演を行ってきたが、1941年に東宝資本と提携し、有楽座・帝国劇場・日本劇場などに進出。大人の劇団が弾圧で潰滅(かいめつ)状態になった41~42年には、薄田研二(すすきだけんじ)、加藤嘉(よし)(1913―88)などの新劇人が多数出演し、演劇レベルが向上するとともに東童の公演に多くの注目が集まる時代を創出した。『青い鳥』『ピーター・パン』『ドン・キホーテ』などの世界名作や、当時あまり知られることのなかった宮沢賢治作品をいちはやくとりあげ、『風の又三郎』などの名舞台をつくった。そのほか、『お化けの世界』『君たちはどう生きるか』『野鴨(のがも)は野鴨』などはとくに高い評価を得た。[石坂慎二]
『『落合聰三郎著作全集1 聞き語り・少年演劇の歩み』(2000・晩成書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の劇団東童の言及

【児童劇】より

…大正期から昭和初期にかけての小山内(おさない)薫,久保田万太郎らの劇作活動,また坪内逍遥による児童演劇論の展開は,児童劇に大きな活性を与えた。1928年,宮津博(1911‐ )らによって創立された〈劇団東童〉は,児童の役は児童によって演じられるべきだとして,児童演劇のリアリズム追求を試み,昭和前期の代表的劇団として多くの名作を残した。このほかにも東童式の子ども俳優の児童劇団がいくつもあらわれたが,戦後まもなく消え去り,現在では,ほとんどの児童劇が大人の俳優によって公演されている。…

※「劇団東童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

劇団東童の関連キーワード児童劇市川禎男落合聡三郎斎田喬永井鱗太郎宮津博四方晨江東区児童会館児童劇場児童劇場児童劇団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone