劉安(読み)りゅうあん(英語表記)Liu An

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「劉安」の解説

劉安
りゅうあん
Liu An

[生]文帝1(前179)?.江蘇
[]元狩1(前122)
中国前漢高祖で,淮南。『淮南子』の撰者。呉楚七国とともに景帝に対して謀反を企てて果たさず (→呉楚七国の乱 ) ,のちに多くの士を養って武帝の時代に再び兵しようとしたが,事前に発覚し,捕えられて自殺した。好み,多くの賓客とともに『内書』 21編,『中書』8編,『外書』 23編を著した。『淮南子』はその一部である『内書』にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「劉安」の解説

りゅう‐あん リウ‥【劉安】

中国、の高祖の孫。淮南(わいなん)王に封ぜられた。文学・方術を好み、多くの学者文人を食客として抱え、「淮南子」二一巻を編纂した。芸文を好んだ武帝に尊重されていたが、のち謀反の罪にとわれ自殺。前一二二年没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「劉安」の解説

りゅうあん【劉安 Liú Ān】

?‐前122
中国,漢の高祖の孫。父の淮南(わいなん)王劉長は,謀反の罪で流刑に処せられて餓死した。父の死後,王位をついだ彼は,呉楚七国の乱(前154)に呉に呼応して挙兵をはかるも果たさず,以後くり返し謀反の隙をうかがったが,やがて計画が中央に漏れ捕らえられて自殺した。生来,読書や弾琴を好み,周囲に数千人の食客を集めて書物の編纂を行っているが,今日に伝わる《淮南子(えなんじ)》はそのわずかに残った1部である。【永田 英正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の劉安の言及

【淮南子】より

…前漢の宗室の一人である淮南(わいなん)王劉安(前179‐前122)編の書物。全21編。…

※「劉安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android