コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉楚七国の乱 ごそしちこくのらん Wu-chu qi-guo; Wu-ch`u ch`i-kuo

6件 の用語解説(呉楚七国の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉楚七国の乱
ごそしちこくのらん
Wu-chu qi-guo; Wu-ch`u ch`i-kuo

中国,前漢の景帝のとき呉など7国が起した乱。漢の高祖は劉氏一族や功臣など諸侯王を各地に封じ,郡県制と併用して郡国制をしいたが,その末年には,異姓諸王をほとんど滅ぼし,劉氏一族のみを王とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごそしちこく‐の‐らん【呉楚七国の乱】

前154年、諸侯の領土を削減した前漢の景帝に対し、を中心に趙(ちょう)・膠西(こうせい)・膠東・菑川(しせん)・済南の7王国が起こした反乱。3か月で鎮定され、諸王侯の力は弱まり、皇帝の中央集権的支配体制が確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呉楚七国の乱【ごそしちこくのらん】

中国で前漢景帝の時(前154年)起こった封建諸侯の反乱。景帝は諸侯王の勢力を抑圧するため,その領地を削った。これに対し,呉王劉【び】(りゅうび)を中心とする7王が同盟して反乱を起こしたが,3ヵ月で平定され,かえって諸侯の実権は奪われ,の中央集権化が推進された。
→関連項目郡国制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごそしちこくのらん【呉楚七国の乱】

中国,前漢景帝期(前157‐前141)の封建諸王の内乱。漢は秦の郡県制を改め,一族を諸侯王に封じて各地に国を置いた(郡国制)。諸侯王には広大な封地と国内の統治権が与えられ,しだいに強大化し,独立国の様相を呈した。景帝は鼂錯(ちようそ)の意見で封地削減策を実施,これに反発した呉王劉濞(りゆうび)ら7ヵ国の諸侯王が挙兵,数ヵ月後に平定された(前154)。ついで政府は封地の細分化,統治権の制限を行い,実質上郡県制が実現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごそしちこくのらん【呉楚七国の乱】

前漢景帝がとった呉・楚・趙など諸王の勢力を抑圧する政策に対し、紀元前154年呉王濞を初めとする七王が起こした反乱。三か月で鎮圧され、中央政府の統制力は強化された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉楚七国の乱
ごそしちこくのらん

中国、前漢、景帝の時代の紀元前154年、呉王(び)を謀主とし、楚王戊(ぼう)、膠(こう)西王(こう)、膠東王熊渠(ゆうきょ)(しせん)王賢(けん)、済南王辟光(へきこう)、趙(ちょう)王遂(すい)ら劉(りゅう)氏の宗族(そうぞく)が中央政府に対して起こした反乱。漢初に郡国制が採用され、劉氏宗族と功臣が封国されたが、異姓の功臣諸侯は高祖劉邦の在世中にほとんどとりつぶされた。第5代の文帝代には、残った劉氏の諸侯勢力が強大となり、中央集権策をとる政府にとって障害となってきた。第6代の景帝代になって、法家思想をもつ(ちょうそ)が用いられ、分権的な諸侯を統制した。王国の削弱策として「推恩(すいおん)の令」を立案、実行に移した。この政策実施中の前155年、楚王、趙王の有する領土のうち各1郡と膠西王のもつ6県が削られ、呉王もまた2郡を削る通知を受けた。諸王はこの措置を不服として反乱を決意した。中央政府は反乱開始の報に接し、周亜夫、欒布(らんふ)、竇嬰(とうえい)ら有力な将軍を派して鎮圧に努めたが、諸王の力は侮りがたく、ために政府は錯を責任者として処刑し、諸王の慰撫(いぶ)に努めたが成果はなかった。戦術にたけていた周亜夫が呉王を破るに及んで、漢朝の優位が決まった。この乱を契機に郡県制が発展していく。[好並隆司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呉楚七国の乱の言及

【漢】より

…万事に慎重な文帝は対決を回避したが,景帝は鼂錯の建議を採用して諸王の領地を削る方針を定めると,呉王劉濞(りゆうび)ら7ヵ国の王は連合して漢に反旗をひるがえした。前154年の呉楚七国の乱である。この乱は諸王の周到なる準備にもかかわらず,政府軍によって3ヵ月で平定された。…

※「呉楚七国の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉楚七国の乱の関連キーワード箜篌後漢呼韓邪単于前漢劉邦于定国周亜夫荘王景帝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone