力人・健児(読み)ちからびと

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから‐びと【力人・健児】

〘名〙
① 力の強い人。強健な男子。勇猛な兵士
※古事記(712)中「軍士(いくさびと)の中の力士(ちからひと)の軽く捷(はや)きを選り聚めて」
② 令制前における、兵士のうち、特に選ばれた強健な者。奈良時代には郡司の子弟や、特に弓馬に巧みな農民がこれにあてられた。平安時代の健児(こんでい)の制の先駆形態。こんでい。
※書紀(720)皇極元年七月(岩崎本平安中期訓)「健児(チカラヒト)に命(ことおほ)せて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android