力人・健児(読み)ちからびと

精選版 日本国語大辞典「力人・健児」の解説

ちから‐びと【力人・健児】

〘名〙
① 力の強い人。強健な男子。勇猛な兵士
古事記(712)中「軍士(いくさびと)の中の力士(ちからひと)の軽く(はや)きを選り聚めて」
② 令制前における、兵士のうち、特に選ばれた強健な者。奈良時代には郡司子弟や、特に弓馬に巧みな農民がこれにあてられた。平安時代の健児(こんでい)の制の先駆形態。こんでい。
書紀(720)皇極元年七月(岩崎本平安中期訓)「健児(チカラヒト)(ことおほ)せて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android