加東市(読み)かとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加東〔市〕
かとう

兵庫県中南部,加古川中流およびその支流域に広がる市。河川沿いに河岸段丘沖積平野が形成され,西部青野ヶ原が広がる。2006年町,滝野町,東条町の 3町が合体して市制。中心集落の社は式内社住吉神社,佐保神社の門前町として発展。今日では官公庁の出先機関や教育機関が集中する。周辺は酒米の産地。釣り針,鯉幟(こいのぼり)の製造も行なわれる。滝野工業団地,社サイエンスパークなどの工業団地があり,エレクトロニクスや電気機器,食品などの工場が立地する。東条湖は湖上八景などの景勝地をもち,周辺にはキャンプ場などのレジャー施設が整備されている。朝光寺本堂は国宝,住吉神社本殿および若宮八幡宮本殿は国の重要文化財に指定。住吉神社の神事舞(→宮座神事)は国指定重要無形民俗文化財。北東部一帯は清水東条湖立杭県立自然公園に属する。西部の加古川沿いを JR加古川線が縦貫。中国縦貫自動車道インターチェンジがあり,国道175号線,372号線が通る。面積 157.55km2。人口 4万310(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加東市の関連情報