コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤典洋 かとう のりひろ

2件 の用語解説(加藤典洋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤典洋 かとう-のりひろ

1948- 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和23年4月1日生まれ。国立国会図書館勤務時代にカナダに留学し,帰国後評論活動をはじめる。昭和60年日本の戦後を新たな角度からとらえた「アメリカの影」を発表し注目される。平成2年明治学院大教授。9年「言語表現法講義」で新潮学芸賞。10年「敗戦後論」で伊藤整文学賞。12年「戦後的思考」を刊行。17年早大教授。山形県出身。東大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤典洋
かとうのりひろ
(1948― )

文芸評論家。山形市生まれ。現代日本文学専攻。現代風俗研究会会員。1972年(昭和47)東京大学文学部仏文科卒業後、国立国会図書館に勤務する。78年、同図書館から派遣されてカナダへ渡る。モントリオール大学東アジア研究所図書館を拡充するため3年半にわたって滞在するが、これが評論活動へ入る転機となった。「78年から82年にかけ、カナダにいた時、そこからみた日本が白く漆喰(しっくい)で塗られた墓、ならぬ映画館のように見えたことを思いだす」(『アメリカの影』あとがき)。カナダでは鶴見俊輔(つるみしゅんすけ)の英語による授業を聴講する。
 82年、『早稲田文学』8、9、10月号に「アメリカの影――高度成長期の日本」を発表。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』(1976)および田中康夫による『なんとなく、クリスタル』(1981)をめぐる日本の知識人の反応を足がかりに、独自の視点から「戦後日本とアメリカ」の関係の問い直しを試みる。85年、同論を含めた第一評論集『アメリカの影』を刊行。若手の評論家として注目を浴びる。86年明治学院大学国際学部助教授、90年(平成2)同教授に就任。94年に刊行された『日本という身体』においては、『中央公論総目次』(1978)に頻出する単語が、時代によって「大」「新」「高」のいずれかに分類される、という発見から、解釈学的ともいえる独自の歴史観が披露されている。96年よりパリの哲学国際学院で在外研究。
 95年『群像』1月号に「敗戦後論」を発表。他国の戦死者に対する哀悼よりもまず自国の戦死者への哀悼を優先すべし、という挑戦的な提案をめぐって、社会思想研究家高橋哲哉(1956― )その他の知識人との論争が展開される。それらの論争はパリ滞在中にまとめられ、97年に『敗戦後論』(伊藤整文学賞)として出版される。その他の著書としては『批評へ』(1987)、『日本風景論』『ゆるやかな速度』(1990)、『ホーロー質』(1991)、『言語表現法講義』(1996。新潮学芸賞)などがあげられる。[池田雄一]
『『批評へ』(1987・弓立社) ▽『ゆるやかな速度』(1990・中央公論社) ▽『ホーロー質』(1991・河出書房新社) ▽『日本という身体』(1994・講談社) ▽『言語表現法講義』(1996・岩波書店) ▽『敗戦後論』(1997・講談社) ▽『アメリカの影』(講談社学術文庫) ▽『日本風景論』(講談社文芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加藤典洋の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤典洋の関連情報