コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働者災害補償 ろうどうしゃさいがいほしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうしゃさいがいほしょう【労働者災害補償】

業務上の負傷疾病,障害,死亡を理由として被災労働者または遺族が受ける補償。労働者が仕事のうえで負傷し,病気になり,負傷や病気の結果身体障害が残り,または死亡した場合に,労働基準法または労働者災害補償保険法による労災補償が行われる。補償の種類としては,(1)傷病療養のための療養補償,(2)療養のための休業中に従前の賃金の6割が支払われる休業補償,(3)傷病が治った(症状が固定した)場合に残った障害の程度に応じて支払われる障害補償,(4)労働者の死亡当時その収入によって生活していた遺族に支払われる遺族補償および葬祭料がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労働者災害補償の関連キーワード労働者災害補償責任保険地方公務員災害補償法国家公務員災害補償法ワークシェアリング労働者災害補償保険労働災害総合保険労働基準監督署法定外補償制度労災補償保険休業補償給付遺族補償給付労働基準局メリット制業務上災害労災病院船員保険新種保険災害補償福利厚生社会保険

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働者災害補償の関連情報