コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢州阿漕浦 せいしゅうあこぎがうら

世界大百科事典 第2版の解説

せいしゅうあこぎがうら【勢州阿漕浦】

人形浄瑠璃。時代物。1段(2場―阿漕浦,平次住家)。1741年(寛保1)9月大坂豊竹座初演の《田村麿鈴鹿合戦》四段目を独立させ改名した作。従来,改名・上演時期を1808年(文化5)正月大坂御霊境内芝居での上演とするが,早く1798年(寛政10)正月江戸土佐座で建てた狂言《祇園祭礼信仰記》の付け物として本作(雛太夫,綱太夫,吉兵衛)を上演。歌舞伎では《生州阿漕浦》として1830年(天保1)11月に京都の北側芝居で上演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢州阿漕浦
せいしゅうあこぎがうら

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。一段。通称「阿漕(あこぎ)の平次」。浅田一鳥・豊田正蔵作。1741年(寛保1)9月大坂・豊竹(とよたけ)座初演の『田村麿鈴鹿合戦(たむらまろすずかかっせん)』の四段目を独立させ改題した作。1798年(寛政10)1月江戸・土佐座が初演という。原作は題名どおり、坂上田村麿(さかのうえのたむらまろ)が逆臣藤原千方(ちかた)を討伐した鈴鹿合戦の史譚(したん)を背景に、三種の神器をめぐる葛藤(かっとう)を描いたもので、この四段目は『古今和歌六帖(じょう)』の「逢(あ)ふことをあこぎが島に曳(ひ)く網の……」の歌に禁漁伝説を絡ませた謡曲『阿漕』に取材し、古浄瑠璃『あこぎの平次』を母胎とした作。田村麿の近侍桂(かつら)平次は漁師に身をやつすうち、母の病気に戴帽魚(たいほうぎょ)が効くと聞き、殺生禁断の阿漕浦に網を入れ、宝剣を手に入れる。平次を脅(おど)す無頼漢平瓦(ひらがわら)の次郎蔵は実は桂の家来筋とわかり、禁を破った罪をかぶって縄にかかるという筋。歌舞伎(かぶき)には1830年(文政13)11月に移され、現代でもまれに上演される。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

勢州阿漕浦の関連キーワード竹本綱太夫(3代)竹本綱太夫人形浄瑠璃

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android