十月事件(読み)ジュウガツジケン

  • じゅうがつじけん ジフグヮツ‥
  • じゅうがつじけん〔ジフグワツ〕

百科事典マイペディアの解説

錦旗革命事件とも。1931年10月に発覚した軍部急進派のクーデタ計画。三月事件に失敗した陸軍橋本欣五郎桜会幹部は,民間右翼の大川周明西田税らと協力,歩兵十数中隊に海軍航空隊なども動員,若槻礼次郎首相以下を暗殺して荒木貞夫陸軍中将を首班とする内閣の樹立を計画した。事前にもれて未遂に終わったが,若槻内閣は倒れ,次の犬養毅内閣には荒木が陸相に就任。→皇道派
→関連項目若槻礼次郎内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

陸軍を中心とするクーデタ未遂事件。1931年三月事件が未遂に終わったのち桜会の橋本欣五郎中佐らは,関東軍幕僚に呼応して満州事変を遂行するため,事変不拡大方針の第2次若槻礼次郎内閣を倒すクーデタを計画した。桜会員の隊付青年将校ら,大川周明・北一輝井上日召らの民間右翼もこれに参加し,建川美次参謀本部第一部長をはじめ陸軍首脳部も橋本らをそそのかす態度をとった。計画では在京陸軍兵力,海軍航空隊,右翼勢力が31年10月24日首相官邸はじめ治・軍事・通信の中枢機関を襲撃し,要人殺害または逮捕,荒木貞夫中将を首班とする軍部政権を樹立するものとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1931年(昭和6)10月、旧陸軍の橋本欣五郎ら桜会幹部が中心となり、満州事変に呼応して、荒木貞夫中将を首班とする軍事政権樹立を企てたクーデター計画。未然に発覚したが、軍部の政治進出の契機となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜会の橋本欣五郎(きんごろう)が首謀者となり計画、未遂に終わった本格的なファッショ的クーデター事件。錦旗(きんき)革命事件ともいう。1931年(昭和6)三月事件の失敗後、橋本らは関東軍の満州謀略計画と連携した国家改造クーデターを計画していたが、同年9月満州事変勃発(ぼっぱつ)後、それを具体化しようとした。計画には隊付青年将校らのグループも参加し、大川周明(しゅうめい)、北一輝(きたいっき)、西田税(みつぎ)、橘孝三郎(たちばなこうざぶろう)らの右翼勢力も加わった。計画の内容は、10月21日を期して、桜会の将校が率いる十数個中隊の兵力を動員し、閣議の席などを襲撃して全閣僚、政党幹部、財界人を殺害、戒厳令を布告し、荒木貞夫(あらきさだお)中将(教育総監部本部長)を首班とする軍部政権を樹立しようとするものであった。しかし計画は事前に発覚し、10月17日、橋本ら13名前後が憲兵隊に検挙され、クーデターは未発に終わった。以後青年将校グループは、幕僚将校らの運動に不信感をもち、彼らから離脱して直接行動による国家改造運動を展開するようになっていった。[榎本勝巳]
『中野雅夫著『橋本大佐の手記』(1963・みすず書房) ▽末松太平著『私の昭和史』(1963・みすず書房) ▽今井清一他編『現代史資料4 国家主義運動1』(1963・みすず書房) ▽高橋正衛著『昭和の軍閥』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

昭和六年(一九三一)一〇月、桜会の橋本欣五郎ら旧陸軍の急進派と右翼勢力が満州事変に呼応して国家改造クーデターを計画し、未然に発覚した事件。政・財界に大きな衝撃を与え、軍部の政治的進出の糸口を作った。錦旗(きんき)革命事件。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1931年10月,満州事変勃発直後のクーデター未遂事件
三月事件の中心人物である桜会の橋本欣五郎中佐らが,右翼大川周明・西田税 (みつぐ) らと結んで,荒木貞夫陸軍中将を首相とする軍部独裁政権を計画。未然に発覚したが,処分も行われず,軍部の台頭を招く契機となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android