宮中某重大事件(読み)きゅうちゅうぼうじゅうだいじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「宮中某重大事件」の解説

宮中某重大事件
きゅうちゅうぼうじゅうだいじけん

大正時代に起こった皇太子妃の決定をめぐる紛争。1919年(大正8)6月皇太子裕仁(ひろひと)親王と久邇宮(くにのみや)家の長女良子(ながこ)女王との婚約が成立したが、翌年、良子女王の母方の島津家に色覚異常の血統があることが判明した。皇室に色覚異常の血統が入ることをおそれた元老山県有朋(やまがたありとも)らは婚約解消を図り、久邇宮家にその辞退を求めた。しかし、久邇宮家はこれに強く反発し、また、東宮御学問所御用掛杉浦重剛(しげたけ)らは婚約取消しは人倫に反するとし、山県が皇室の慶事に干渉したことを激しく非難した。これは、宮中での薩長(さっちょう)両派の勢力争いや、民間国家主義団体の山県攻撃なども加わって、深刻な政治問題に発展した。結局、21年2月宮内省から皇太子妃内定に変更はない旨が発表されて問題は落着したが、中村雄次郎宮内大臣は責任を負って辞任した。また山県はいっさいの官職栄典の返上を申し出たが却下された。

[鳥海 靖]

『高倉徹一編『田中義一伝記 下』(1960・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「宮中某重大事件」の解説

きゅうちゅうぼうじゅうだいじけん【宮中某重大事件】

1920年から21年にかけておこった皇太子迪宮裕仁(みちのみやひろひと)親王(昭和天皇)の妃決定をめぐる紛糾事件。1918年春,島津忠義の孫で久邇宮(くにのみや)邦彦王の長女良子(ながこ)が皇太子妃に内定し,翌年6月に正式の婚約が成立した。しかし元老山県有朋は,良子の母系の島津家に色盲遺伝があるとして,この婚約に反対を唱えた。山県は首相原敬と相談して,専門医師の調査書をもとに元老西園寺公望らとも協議の末,久邇宮家にやんわりと辞退を迫った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宮中某重大事件の言及

【昭和天皇】より

…第124代に数えられる天皇。名前は裕仁,幼称は迪宮という。1908年(明治41)学習院初等科に入学し,その間12年7月明治天皇の死去にともない皇太子となる。…

※「宮中某重大事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android