コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中惣五郎 たなか そうごろう

2件 の用語解説(田中惣五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中惣五郎 たなか-そうごろう

1894-1961 昭和時代の日本史学者。
明治27年3月14日生まれ。小学校教員をへて大正11年に上京,私立順天中学につとめながら日本近代史を研究。戦後,鎌倉アカデミア,ついで明大の講師となり,昭和28年教授に就任。在野の歴史家として「日本ファシズムの源流」「幸徳秋水」などの著作を発表した。昭和36年9月4日死去。67歳。新潟県出身。高田師範卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中惣五郎
たなかそうごろう
(1894―1961)

昭和期の歴史家。明治27年3月14日、新潟県中頸城(なかくびき)郡で自作農の三男として生まれる。高田師範を出て小学校教員となり、中等教員の資格も得る。1922年(大正11)上京、私立順天中学に赴任し敗戦まで勤務を続け、この間、下中弥三郎(しもなかやさぶろう)の啓明会(けいめいかい)の運動にも参加。また『日本叛逆(はんぎゃく)家列伝』(1929)、『東洋社会党考』(1930)をはじめ、『明治維新史読本』(1937)など、一貫して反権力・反体制を志向し、社会の発展に着眼した著作を発表した。戦後は、鎌倉アカデミアや明治大学の教壇に立ち、『日本ファシズムの源流』(1949)、『資料日本社会運動史』(1947~48)や、『幸徳秋水』(1955)、『吉野作造』(1958)、『北一輝(いっき)』(1959)などの人物研究を刊行し、生涯を在野の歴史家として活躍した。昭和36年9月4日死去。[松島榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中惣五郎の関連キーワード赤木志津子石田一良上横手雅敬大島延次郎栗田元次高橋富雄高柳光寿丸山二郎竜粛渡辺世祐

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone