コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北大西洋条約機構(NATO)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北大西洋条約機構(NATO)

第2次世界大戦後の東西対立を背景に、西欧と北米の集団防衛のため1949年発足。加盟国は当初12カ国だったが、52年のトルコとギリシャの加盟以降、順次拡大し、現在は28カ国。東西冷戦終結後は、加盟国以外の周辺国を含めた治安維持にも力点を置く。アフガニスタンコソボ(旧ユーゴスラビア)への治安部隊を派遣しているほか、ソマリア沖の海賊対策にも部隊を派遣している。

(2013-04-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

北大西洋条約機構(NATO)の関連キーワード地域復興チーム(Provincial Reconstruction Team)バーナード・L. モンゴメリートーマス・K. フィンレターヤープ デホープスヘッフェルアナス・フォー ラスムセンノーマン・F. ラムゼーヨーロッパ防衛共同体条約地域復興チーム(PRT)ジェームズ ジョーンズヨーロッパ通常戦力条約ジョージ ロバートソントルーマンドクトリン北大西洋軍最高司令部ウォルター ジョージ平和のための協力協定ラトル・ド・タシニークネズミロシュ通りワルシャワ条約機構ニコラス バーンズグリン デービース

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北大西洋条約機構(NATO)の関連情報