北条氏常盤亭跡(読み)ほうじょうしときわていあと

国指定史跡ガイドの解説

ほうじょうしときわていあと【北条氏常盤亭跡】


神奈川県鎌倉市常盤にある北条氏の邸宅跡。鎌倉七口(ななくち)の一つである大仏切通のすぐ北に位置する常盤と呼ばれる地域には、大仏切通を警護するために、7代執権北条政村の屋敷があったとされてきた。『吾妻鏡』によれば、政村の別邸は常盤御所と称され、現在の地名にも御所ノ内などが残っている。1977年(昭和52)の発掘調査によって、御所ノ内では礎石をもつ東西棟建物跡や柱穴・溝・井戸などが確認され、鎌倉時代の石製硯・金銅製水滴・滑石製印判などが出土し、邸宅の存在が明らかになった。タチンダイと呼ばれる平場は「館(たて)の台」がなまったものとされ、北西の崖には数基のやぐらがあり、法華堂跡も発掘された。鎌倉時代中期の政治史や文化史を考えるうえでも欠くことのできない重要な遺跡とされ、1978年(昭和53)に国の史跡に指定された。JR横須賀線ほか鎌倉駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android