北畠神社(読み)キタバタケジンジャ

百科事典マイペディアの解説

北畠神社【きたばたけじんじゃ】

三重県津市美杉町上多気(かみたげ)に鎮座。旧別格官幣社。北畠顕能を主神に,親房,顕家をまつる。顕家,顕能は親房の子で,父とともに吉野朝廷に尽くした。神社境内は多気城(顕能の築城)を本城とした伊勢国司北畠氏歴代の居館跡といわれる。現存する池泉回遊式庭園はこの居館の庭園といわれ,国指定名勝・史跡。例祭は10月13日。
→関連項目北畠氏室生赤目青山国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きたばたけじんじゃ【北畠神社】

三重県津市美杉町にある神社。北畠親房・顕家・顕能をまつる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北畠神社
きたばたけじんじゃ

三重県津市美杉(みすぎ)町上多気(かみたげ)に鎮座。北畠顕能(あきよし)を主神に、父の親房(ちかふさ)、兄の顕家(あきいえ)を合祀(ごうし)する。親房は南朝の忠臣で、顕能は1335年(建武2)伊勢(いせ)国司として多気に城を築城、その子孫が代々国司となり、1576年(天正4)織田信長に滅ぼされるまで北畠氏の鎮護が続いた。当社は北畠氏の居館跡に建てられたもので、1643年(寛永20)創建と伝える。旧別格官幣社。例祭は10月13日。境内に国の史跡・名勝指定の庭園がある。[平泉隆房]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きたばたけ‐じんじゃ【北畠神社】

三重県一志郡美杉村にある神社。旧別格官幣社。北畠顕能を主神に親房・顕家を合祀。寛永二〇年(一六四三)北畠氏の館跡に創建。北畠八幡宮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android