コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北転船 ほくてんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北転船
ほくてんせん

北緯 48度以北,東経 153度以東,西経 170度以西のオホーツク海,およびべーリング海を含む北太平洋海域での操業を指定された遠洋底引網漁船のこと。 200カイリ水域による規制強化により漁場が縮小されたため,1960年の「北方海域への中型沖合機船底曳網漁業転換要綱」に基づいて,北海道や東北地方の沖合いから漁場を転換させられたことから,この名称がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほくてん‐せん【北転船】

操業海域を日本近海から北太平洋海域に転換した中型底引き網漁船の通称。昭和35年(1960)の漁業政策による。スケトウダラ・カレイなどを漁獲。北洋転換底引き網漁船。北洋転換船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

北転船【ほくてんせん】

北洋転換底引漁船の略称。中型底引網漁業の漁獲技術が向上し,漁船と漁獲量がふえたので,北海道近海での資源確保,沿岸漁業との摩擦回避のため,1961年から70トン以上の底引漁船150隻を目標に北洋海域への漁場転換が行われた。
→関連項目北洋漁業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくてんせん【北転船】

第2次大戦後,北海道を中心として行われていた中型機船底引網漁業は,漁獲技術の向上に伴い,資源および操業上,沿岸漁業との摩擦が生じた。これに対し調整がなされ,他の漁業への転換が行われたが,それでも争いが絶えなかったので,1961年より70トン以上の底引漁船150隻を目標に,北緯48゜以北,東経153゜~170゜間への漁場転換を行った。この経過によりこれらの船は北転船と呼ばれている。その後,船員設備の改善に伴う大型化および測度法の改正により,現在の北転船は大型トロールを縮小した280トン型で,全通2層甲板の船首魚倉,船尾機関室をもつ船尾式トロール型となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほくてんせん【北転船】

日本近海の漁業資源の減少により、1961年(昭和36)以降北太平洋へ漁場転換した中型底曳き網漁船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北転船
ほくてんせん

日本の漁業政策によって、日本近海から北洋海域の漁場へ操業区域を転換した底引網漁船を総称していう。日本近海の底引網漁船による乱獲によって漁場が荒廃したため、近海の底生生物の資源量保持と漁獲努力量の分散を図るため、1960年(昭和35)日本政府は「北洋海域への中型機船底引網漁業転換要綱」を発表した。これに基づき、おもに東北および北海道沖合で操業中の中型機船底引網漁船を、北洋海域に操業海域を転換させたものである。操業海域は、北緯48度以北、東経153度以東、西経170度以西に囲まれた海域で、主要漁場は東・西カムチャツカ沿岸海域、とくにスケトウダラの抱卵期(12~4月)には、ほぼ全船がこの海域で操業する。その他の対象魚種としてカラスガレイ、アブラガレイのカレイ類(春~夏季)、ホッコクアカエビ、スジエビ(5~8月)、ドスイカ(7~9月)、アリューシャン列島沿いのメヌケ、マダラ(春~夏季)などがある。
 漁場を転換した当初は、使用漁船は200トン未満が原則であったが、その後すぐに300トンに増トンされ、さらに乗組員の労働環境条件の改善のための措置として315トンに引き上げられ、加えて1965年に低気圧による海難事故が続発したために、1967年には350トンに増トンされた。北転船のほとんどが二層甲板で、漁船の外観は400~500トン級に相当する。これは総トン数に加えられない部分が広いためで、積載能力も公称より大きい。
 北転船の操業水域は他の国の排他的経済水域内にあるため、国家間の取決めによって操業が行われている。[添田秀男・吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北転船の関連キーワード北洋転換底引網漁船以東底引網漁業遠洋底引網漁業トロール漁業遠洋漁業

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android