匹見[町](読み)ひきみ

世界大百科事典 第2版「匹見[町]」の解説

ひきみ【匹見[町]】

島根県西部,美濃郡の町。人口2096(1995)。中国山地の山間部にあり,広島県境の恐羅漢(おそらかん)山など急峻な山に囲まれる。総面積の大部分が山林で,高津川支流の匹見川が匹見盆地で広見川,紙祖川,落合川を合わせて西へ流れ,これら河川沿いにわずかの耕地が開ける。パルプ材などの林業が中心で,ワサビ,シイタケコンニャクなどの栽培,匹見川のアユ漁が盛ん。特にワサビは幕末から栽培され,良質のワサビとして知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android