コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十七弦 じゅうしちげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十七弦
じゅうしちげん

日本の楽器。「十七絃」とも書く。大正末期に宮城道雄考案した 17弦の。特に新箏曲で低音部を奏するために用いる。形は普通の箏と同じであるが大きい。大十七弦 (長さ 2.45m) と小十七弦 (長さ約 2.1m) の2種あり,音域は大十七弦が「は~2点ホ」,小十七弦が「へ~2点ヘ」。大十七弦を最初に使用した曲は『落葉の踊』で今日でも大十七弦だけを用いることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうしち‐げん〔ジフシチ‐〕【十七弦/十七×絃】

17本の弦をもつ箏(そう)。大正10年(1921)宮城道雄が考案。従来の箏をひと回り大きくした外形で、ふつう低音伴奏楽器として用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

十七弦【じゅうしちげん】

日本のの一種。1921年に宮城道雄創案。17弦で箏と同形態であるが大きく,もっぱら低音用で,新邦楽,現代邦楽に広く使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうしちげん【十七弦】

の一種。低音域用の箏として,1921年宮城道雄鶴川新兵衛に製作させた。形態は13弦の箏に似るが,長さ7尺(2.1m)程度(当初は8尺ほどの大十七弦と,7尺の小十七弦とあったが,前者の頭部を短くしたため,いずれも同長となった)で,弦も13弦箏より4倍程度太いものを張り,頭部のピンで張力を調節する。宮城の21年の《花見船》で用いられたのが最初。現在では,現代邦楽の合奏曲の編成楽器として広く用いられるほか,その独奏曲まで書かれるにいたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十七弦の関連キーワード新日本音楽沢井忠夫沢井一恵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十七弦の関連情報