小袖曽我薊色縫(読み)こそでそがあざみのいろぬい

日本大百科全書(ニッポニカ)「小袖曽我薊色縫」の解説

小袖曽我薊色縫
こそでそがあざみのいろぬい

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。7幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称十六夜清心(いざよいせいしん)」。1859年(安政6)2月、江戸・市村座で4世市川小団次の清心、8世岩井半四郎の十六夜らにより初演。別名題『花街模様(さともよう)薊色縫』『柳巷晴着(さとのはれぎ)薊色縫』。文化(ぶんか)期(1804~18)の盗賊鬼坊主清吉の事跡に、安政(あんせい)期(1854~60)の御金蔵破りの事件を絡ませて脚色極楽寺の所化(しょけ)清心は扇屋の遊女十六夜と稲瀬川で心中を図るが死にきれず、寺小姓の恋塚求女(もとめ)を誤って殺したのをきっかけに、悪の道へ走る。十六夜も俳諧師(はいかいし)白蓮(はくれん)に助けられて囲われるが、清心の菩提(ぼだい)のため尼になったあと、鬼薊清吉という盗賊となった清心に巡り会う。2人は白蓮の家へゆすりに行くが、白蓮も実は大寺(おおでら)正兵衛という御金蔵破りで、清吉の実兄であったことがわかる。さらに清吉は殺した求女が十六夜の実弟であったと知り、罪を悔いて自害する。幕末の退廃した気分を色濃く描いた代表作。まれに「白蓮本宅」のゆすり場までを通しで演ずるが、普通、2人が入水(じゅすい)する「稲瀬川」、十六夜が白蓮に助けられる「白魚(しらうお)船」、清心が変心する「川下(かわしも)」の序幕3場だけを上演することが多い。入水の場面の色模様に使う清元『梅柳中宵月(うめやなぎなかよいづき)』(通称「十六夜」)は名曲として知られる。

[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「小袖曽我薊色縫」の解説

こそでそがあざみのいろぬい〔こそでそがあざみのいろぬひ〕【小袖曽我薊色縫】

歌舞伎狂言世話物。7幕。河竹黙阿弥作。安政6年(1859)江戸市村座初演。極楽寺の僧清心せいしんと遊女十六夜いざよいが心中に失敗し、やがて悪の道に踏み込む話。別名題「花街模様薊色縫さともようあざみのいろぬい」。通称「十六夜清心」。→十六夜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android