コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六観 じゅうろくかん

2件 の用語解説(十六観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六観
じゅうろくかん

仏教用語。 16種の観法。『観無量寿経』に説かれており,阿弥陀仏の身や浄土のありさまを思い浮べる 16種の観法によって,その浄土に生れることができるという。 (1) 太陽が沈むのを見て極楽が西にあることを想うこと (日想観) ,(2) 水と氷の清らかさによって極楽の大地のありさまを想うこと (水想観) ,(3) 引続き極楽の大地をまざまざと想うこと (地想観) ,(4) 極楽の不思議な樹木の働きを想うこと (宝樹観) ,(5) 極楽の池の水を想うこと (宝池観) ,(6) 極楽にある多数の建物を想うこと (宝楼観) ,(7) 阿弥陀仏の台座である蓮華の花を想うこと (華座想観) ,(8) 仏像を見て阿弥陀仏の姿を想うこと (像想観) ,(9) 阿弥陀仏の真実の姿を想うこと (真身観) ,(10) 阿弥陀仏に従う菩薩のうち観世音を想うこと (観音観) ,(11) 大勢至菩薩を想うこと (勢至観) ,(12) あまねく浄土の仏,菩薩,国土を想うこと (普観想観) ,(13) 以上のような観法のできないものが,実際の阿弥陀仏を見て,それによって他のさまざまな姿を交えて想うこと (雑想観) ,(14) (15) (16) 衆生がそれぞれの能力や資質の優劣 (上,中,下) に応じた修行をして極楽に生れるさまを想うこと (上輩観,中輩観,下輩観) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうろっかん【十六観】

〘仏〙「観無量寿経」に説く、浄土に生まれるために阿弥陀仏や浄土の姿を思い浮かべる一六の観法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十六観の関連キーワード観無量寿経三心三部経無量寿経観音観西方浄土三部経《観無量寿経疏》観無量寿経変《無量寿経》《無量寿経論》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone