南京豆(読み)ナンキンマメ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

南京豆 (ナンキンマメ)

植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物。フジマメの別称

南京豆 (ナンキンマメ)

学名:Arachis hypogaea
植物。マメ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なんきん‐まめ【南京豆】

〘名〙
① マメ科の一年草。南米原産で、古くから栽培され、日本へは中国を経て江戸時代の初めに渡来し、千葉・茨城・栃木・鹿児島などの諸県で栽培されている。高さ約六〇センチメートル。茎は根ぎわから分枝して四方にひろがり、葉柄とともに褐色の細毛を密布する。葉は長柄をもち四個の小葉からなる偶数羽状複葉。小葉は倒卵形または卵形で托葉は大きい。夏から秋にかけ、葉腋に柄のない黄色い小さな蝶形花をつける。花の下の花柄状のものはがく筒が長く伸びたもので、子房はこのがく筒の基部にある。花後、子房は柄が長く伸びて地中にもぐり繭(まゆ)形の豆果を結ぶ。豆果の中には茶褐色の薄皮に包まれた長楕円形の種子が一~三個ある。種子は炒(い)って食用にし、またピーナッツバター・食用油・人造バター・石けんなどをつくる。茎・葉を含め家畜の飼料や緑肥としても利用される。とうじんまめ。とうまめ。いじんまめ。おにまめ。かんとうまめ。じまめ。そこまめ。落花生。ピーナッツ。《季・秋》 〔日本植物名彙(1884)〕
② 植物「ふじまめ(藤豆)」の異名。〔農業全書(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android