コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京豆 ナンキンマメ

大辞林 第三版の解説

ナンキンまめ【南京豆】

マメ科の一年草。南アメリカ原産。江戸前期、中国を経て渡来し、各地で栽培される。茎は基部から分枝して地をはい、長さ約40センチメートル。葉は四小葉からなる。夏から秋にかけて、葉腋に黄色の小花をつけ、花後、子房の柄が伸びて地中にはいり、繭形の豆果を結ぶ。種子は煎って食べるほか、落花生油・菓子材料とする。落花生。ピーナッツ。唐人豆とうじんまめ。地豆じまめ[季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

南京豆 (ナンキンマメ)

植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物。フジマメの別称

南京豆 (ナンキンマメ)

学名:Arachis hypogaea
植物。マメ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

南京豆の関連キーワードピーナッツ・カシューナッツラッカセイ(落花生)ピーナッツ落花生油ルンバ落花生子房地豆南京基部葉腋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南京豆の関連情報