コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南河原(読み)みなみかわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南河原
みなみかわら

埼玉県中北部,行田市北西部の旧村域。利根川中流右岸にある。 1889年犬塚村,馬見塚村,中江袋村の3村と合体。 2006年行田市に編入米作,ムギ・野菜栽培が主産業。スリッパの産地としても知られる。西部に真言宗観福寺があり,国指定史跡の南河原石塔婆がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南河原
みなみかわら

埼玉県北部、北埼玉郡にあった旧村名(南河原村(むら))。2006年(平成18)行田(ぎょうだ)市へ編入。現在は行田市の北西部を占める一地区。旧南河原村は熊谷(くまがや)市と行田市に囲まれた面積5.82平方キロメートルの小さな村であった。旧村域は利根(とね)川右岸の沖積平野に位置するが、農業的生産は少なく、おもに米麦作と野菜栽培を行っている。1954年(昭和29)ごろから農閑期の副業として始まったスリッパ製造は、地場産業として定着している。観福(かんぷく)寺の南河原石塔婆(いしとうば)(板碑(いたび))は一ノ谷の戦いで戦死した河原太郎・次郎の墓といわれ、国指定史跡になっている。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南河原の関連情報