コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海道地震 ナンカイドウジシン

3件 の用語解説(南海道地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんかいどう‐じしん〔ナンカイダウヂシン〕【南海道地震】

南海地震

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なんかいどうじしん【南海道地震】

南海地震ともいう。1946年12月21日紀伊半島南方から四国沖に起こった巨大地震で,マグニチュードは8.1に達した。被害は中部地方から九州にいたる西日本各地にわたり,死者1330人,行方不明102人,負傷者2632人,家屋全壊1万1591,半壊2万3487,焼失2598におよんだ。この地震による津波は伊豆半島より九州にいたる沿岸に来襲し,その波高は三重,和歌山,徳島,高知の沿岸各地で4~6mにも達し,このため家屋流失1451,浸水3万3093,船舶破損流失2991の被害を生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんかいどうじしん【南海道地震】

紀伊半島の沖合から四国の沖合にかけて繰り返し発生した巨大地震の総称。684年・1361年・1707年・1854年・1946年などには、いずれも地殻変動と津波とを伴い、激甚な被害があった。特に1946年(昭和21)12月21日に起こった地震(マグニチュード8.1)をさすこともある。南海地震。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南海道地震の関連キーワード南海地震鳥取地震三連動地震連動地震昭和南海地震の被害東海地震と浜岡原発東南海地震と南海地震南海地震と日向灘の地震紀伊半島沖の地震東南海・三河地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南海道地震の関連情報