コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚岸道立自然公園 あっけしどうりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚岸道立自然公園
あっけしどうりつしぜんこうえん

北海道南東部,厚岸町から浜中町霧多布にかけての自然公園。面積 215.23km2。 1955年指定。白亜紀層から成る海岸地形や丘陵と湿原の植物群落,海鳥繁殖地などに特色をもつ。厚岸湖はカキの貝殻の堆積した牡蠣島とシオマツバ,アッケシソウなどの植物群落で有名。厚岸湾口の大黒島は,日本唯一のコシジロウミツバメの繁殖地で天然記念物。その西方の尻羽岬は展望にすぐれる。東部の霧多布湿原は,ヒオウギアヤメやヒメシャクナゲなどの群生地で,厚岸湖とともにラムサール条約に登録されている。厚岸町には,旧蝦夷三官寺の1つで桜の名所の国泰寺跡 (史跡) や北海道大学臨海実験所付属の水族館や博物館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

厚岸道立自然公園の関連キーワードコシジロウミツバメ北海道厚岸郡浜中町ヒオウギアヤメヒメシャクナゲアッケシソウ霧多布湿原厚岸(町)植物群落湯沸岬牡蠣島大黒島厚岸湖尻羽岬厚岸湾

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android