コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力緊急事態宣言 ゲンシリョクキンキュウジタイセンゲン

1件 の用語解説(原子力緊急事態宣言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしりょく‐きんきゅうじたいせんげん〔‐キンキフジタイセンゲン〕【原子力緊急事態宣言】

原子力施設で重大な事故が発生した際に、原子力災害対策特別措置法に基づいて内閣総理大臣が発出する緊急事態宣言。平成23年(2011)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故で初めて発令された。
[補説]この緊急事態宣言は、原子力事業所の境界付近で毎時500マイクロシーベルト以上の空間放射線量率が検出された場合、臨界事故が発生した場合、原子炉運転中に原子炉冷却材が喪失し、すべての非常用炉心冷却装置ECCS)の作動に失敗した場合などに発出される。内閣総理大臣は、宣言を行った後、内閣府原子力災害対策本部、現地に原子力災害現地対策本部を設置。関係する都道府県知事市町村長それぞれ災害対策本部を設置する。また、現地の緊急事態応急対策拠点施設オフサイトセンター)に原子力災害合同対策協議会が設置され、国・地方公共団体および原子力事業者の間で情報の共有を図り、対策などを協議する。原子力災害が終息し、応急対策を実施する必要なくなると、内閣総理大臣は原子力規制委員会の意見をきいて、原子力緊急事態解除宣言を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力緊急事態宣言の関連キーワード原子力損害賠償責任保険緊急事態応急対策拠点施設原子力緊急事態原子力災害現地対策本部原子力災害合同対策協議会原子力災害対策本部原子力事故の早期通報に関する条約原子力施設特定事象国際的な原子力事故の評価尺度(INES)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力緊急事態宣言の関連情報