コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去痰剤 キョタンザイ

デジタル大辞泉の解説

きょたん‐ざい【去×痰剤】

去痰薬」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

去痰剤
きょたんざい

痰の喀出(かくしゅつ)を容易にさせる薬物で、結果として咳(せき)を鎮める作用はあるが、鎮咳(ちんがい)剤(咳どめ)とは作用機序(メカニズム)が異なる。去痰剤には、気道の粘液の分泌を亢進(こうしん)させ、気道壁を潤滑にして痰の喀出を容易にするものと、痰の粘稠(ねんちゅう)度を低下させてその喀出を容易にするものとがある。前者にはサポニン含有生薬(しょうやく)(セネガ、オンジ、キキョウ)、ブロムヘキシン、チペピジン、車前草(しゃぜんそう)エキス、桜皮抽出液(ブロチン)、キョウニン水などがあり、後者の例としてはエチルシステイン、メチルシステイン、エプラジノン、アセチルシステインなどがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

去痰剤の関連キーワード塩化アンモニウム気管支拡張症グアヤコールウイキョウ気管支炎バルサム咳どめ吐酒石かぜ薬セネガ煎剤

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android