コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射弓 ハンシャキュウ

栄養・生化学辞典の解説

反射弓

 特定の反射を起こすインパルスが走る神経の経路.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんしゃきゅう【反射弓 reflex arc】

生理学上の反射に際して神経信号の通る全経路をいう。その起始部は刺激を受ける感覚受容器であり,ここで刺激は神経のインパルス信号に変えられ,求心路を通って反射中枢へと送られる。その結果,反射中枢で形成された神経インパルス信号は遠心路を通って効果器(実行器)へと送られ,反応を起こす。効果器には筋肉のほか腺がある。反射弓の求心路は末梢神経脊髄後根,あるいは脳神経を,遠心路は脊髄前根,末梢神経,あるいは脳神経を通る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はんしゃきゅう【反射弓】

反射の神経経路。受容器を発した興奮が求心神経経路・介在ニューロン・遠心神経経路を経て筋などの実行器に至り反応を起こす全経路。反射路。反射弧。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の反射弓の言及

【運動】より

…反射を形成するためには,刺激を感受する受容器と,それに接続してインパルスを送る求心繊維,さらに脊髄または脳幹に存在する反射中枢でシナプスを介して遠心繊維(運動神経)に接続する効果器(筋肉)が必要である。これらの反射に関与する全経路を反射弓という。脊髄に反射中枢をもつ脊髄反射には伸張反射,屈曲反射,交叉(こうさ)性伸展反射などがあり,また脳幹に反射中枢をもつ反射には姿勢反射,呼吸反射,咀嚼(そしやく)反射などがある。…

【脊髄】より

…後根繊維は身体のいろいろの部分からの感覚を灰白質にある神経細胞に伝える。脊髄に伝えられた感覚は,前角9層の運動細胞によって反射を行う経路(反射弓)や上位の中枢に伝える経路(脊髄上行路)に接続する。
[反射回路]
 脊髄の反射のおもなものとして,伸張反射と屈曲反射がある。…

※「反射弓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反射弓の関連キーワードベルの法則(生理学)反射(生体)シェリントンウェルニッケ膝蓋腱反射皮膚反射受容器勃起

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android