コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反本地垂迹説 はんほんじすいじゃくせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反本地垂迹説
はんほんじすいじゃくせつ

神仏の関係を論じる際の一つの説で,神を本地,仏を垂迹とする思想。仏を本地,神を垂迹とする本地垂迹説を批判するもので,天台仏教の本覚思想の影響や神道思想の展開を背景としながら鎌倉時代以降広まった。北畠親房慈遍解釈もこの説のなかに入れられるが,その大成者は吉田兼倶とされる。吉田神道の解釈では,仏法がまだ日本に伝わらなかったときには,神明の託宣によって善悪の裁きがなされていたが,人心に偽りが多くなってから託宣を仏に譲り,仏が神に代って経を説くようになったとされる。神祇が本位におかれて,仏陀は従属的地位を与えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の反本地垂迹説の言及

【本地垂迹】より

…一方密教行者の山岳修行に伴い山の神祇が仏教化され,吉野の蔵王(ざおう)権現のように仏教の護法神とも結びつき,あるいは山中他界の祖霊信仰と弥陀,観音,弥勒等浄土の信仰が習合して熊野など各地の修験道では神仏はまったく対等かつ同体とする思想を生ぜしめ,中世に入るとほとんどの神社では祭神の本地となる仏尊名が定められ,仏本(地)神(垂)迹の説が一般化した。同時にそこから和光神明の慈悲利益(りやく)をはなれては仏法も成り立ち難く,釈迦も神祇の化儀なりとする神本仏迹の思想(反本地垂迹説)があらわれた。かくて天台・真言の顕密仏教から神道理論を構成する者があらわれ,天台では日吉社の山王一実神道,真言では大和の三輪神道や伊勢外宮を中心とする伊勢(度会)神道が発生した。…

※「反本地垂迹説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反本地垂迹説の関連キーワード日本思想神仏習合

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android