神国思想(読み)しんこくしそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神国思想
しんこくしそう

自国を神の国とする思想神政政治が発生した地域ではいずれも神国思想をみることができるが,日本の神国思想は,日本神話に源流を発し,蒙古襲来時などのように対外的危機を迎えたとき強調されてきた。近・現代においては,政治的独立と国民的統合が強く意識された明治維新期,また日本ファシズム期にも強調されたが,これらも対外的な関係が緊張したときのことといえる。明治維新期では国学神道が思想的背景をなしており,日本ファシズム期では天皇家を宗祖とする家族国家論や「八紘一宇」論が基礎となっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんこくしそう【神国思想】

日本の国土とそこにあるすべてのものは,神々によって生成され,護られているという思想。もとは農耕儀礼などと結びついた素朴な信仰に根ざすものであったが,政治的統一が進み,他国・他民族への意識が生まれてくると,日本を他国よりもすぐれた国とする主張拠り所となった。神国・神州といったことばは,直接排外的な思想に結びつくというものではなかったが,対外緊張が強まったときには,つねに日本中心の排外的な主張を支えるものとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神国思想
しんこくしそう

日本を神の国ととらえる考え方。これには、(1)神々の加護の下にある国という意味と、(2)天照大神(あまてらすおおみかみ)の神孫たる天皇の統治する国という意味の二面がある。このような観念は、イザナギ・イザナミ二神による国土の生成、日神天照大神をはじめとする神々の生誕、日神の神孫による日本の支配とその無窮性の主張などを骨子とする記紀神話のなかに胚胎(はいたい)しているが、古代には「神国」ということばはあまり用いられず、用いられる場合でも(1)の意味に限られる。神国思想が歴史の表面に浮上してくるのは中世である。それは、一つには蒙古(もうこ)襲来という国家的危機が民族意識を覚醒(かくせい)させたことによるが、またこの時代が武家と公家(くげ)との政治権力の交代期にあたり、天皇を頂点とする古代貴族体制を保持するイデオロギーとして神国思想が強調されたことにもよる。それとともに(2)の意味での神国観が強調されるようになる。北畠親房(きたばたけちかふさ)『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』冒頭の「大日本者神国也(おほやまとはかみのくになり)、天祖(あまつみおや)ハジメテ基(もとゐ)ヲヒラキ、日神(ひのかみ)ナガク統(とう)ヲ伝給(つたへたま)フ。我(わが)国ノミ此事(このこと)アリ。異朝(いてう)ニハ其(その)タグヒナシ。此故(このゆゑ)ニ神国(かみのくに)ト云(いふ)也」ということばはその代表的な例である。近世に入ると神国思想は儒教思想と結合して崎門(きもん)学や水戸学の国粋主義思想を生み出すとともに、その一方で、日本中心主義、古代主義、反儒教主義を掲げて新たに登場した国学思想によって活性化され、幕末維新期の尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に精神的基盤を提供した。これら水戸学や国学の神国思想においては、単に統治者たる天皇のみならず臣民自体も神々の後裔(こうえい)であるとの考え方が強調される。こうして神国思想は民俗としての祖先崇拝と結び付き、明治以後の敬神崇祖、忠孝一致という家制国家を支える道徳思想として生き続ける。神国思想は一面に選民思想を伴うが、昭和のファシズム体制下においてこの面が強調され、「大東亜共栄圏」建設へ向けての国民精神統合の核として、大きな役割を果たしたことは記憶に新しい。[高橋美由紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神国思想の関連情報