コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受刑者処遇法 ジュケイシャショグウホウ

デジタル大辞泉の解説

じゅけいしゃしょぐう‐ほう〔‐ハフ〕【受刑者処遇法】

平成17年(2005)に制定され翌年施行された「刑事施設及び受刑者処遇等に関する法律」の通称。平成18年(2006)改正に伴い「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」(刑事収容施設法)に改題された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

受刑者処遇法【じゅけいしゃしょぐうほう】

〈刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律〉の略称で,2005年5月制定(1年以内に施行)。従来の監獄法を抜本的に改正し,監獄の名称を〈刑事施設〉と改め,受刑者の権利保障を手厚くし,刑務所内の透明性を高めることを目的とする。
→関連項目戒具仮出獄教誨師収監

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

受刑者処遇法の関連キーワード犯罪

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android