コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古沢岩美(読み)ふるさわいわみ

百科事典マイペディアの解説

古沢岩美【ふるさわいわみ】

画家。佐賀県生れ。久留米商業中退。1928年上京,本郷絵画研究所で岡田三郎助に学ぶ。このころシュルレアリスムを知る。1937年初個展。1939年美術文化協会に参加,1955年退会。1951年サン・パウロ・ビエンナーレに出品。裸婦エロティシズムモティーフにしたシュルレアリスム系の作品が多い。1975年山梨県に古沢岩美美術館開館。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古沢岩美 ふるさわ-いわみ

1912-2000 昭和-平成時代の洋画家。
明治45年2月5日生まれ。岡田三郎助に師事。創紀美術協会,美術文化協会の創立に参加し,シュールレアリスム絵画を追求する。戦後,日本アヴァンギャルド美術家クラブを結成。現代日本美術展などに出品,女体を主要なモチーフとした。昭和50年山梨県に古沢岩美美術館が開館。平成12年4月15日死去。88歳。佐賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古沢岩美の関連情報