コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澎湖島 ほうことう

3件 の用語解説(澎湖島の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

澎湖島【ほうことう】

台湾の群島。台湾海峡の澎湖・白沙・漁翁の3島を中心に64島からなり,うち20余の島に人が住んでいる。島々全体が澎湖県となっており,総面積126.8km2
→関連項目台湾台湾海峡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうことう【澎湖島 Péng hú dǎo】

中国,台湾省の西方約50km,台湾海峡中にある群島で,63の島からなり,面積127km2。ヨーロッパでは魚人島の意でペスカドールPescadoresという。主島澎湖のほか白沙漁翁などがおもな島である。すでに宋代の文献には澎湖の名があらわれ,このころより漢人が居住していた。明代には海賊の巣窟となっていたが,明末・清初には福建省からの移住者がふえ,農耕,漁業に従事した。島は火山活動によって玄武岩が海中に噴出してできた低い台地で,島の周囲をサンゴ礁が取りかこみ,良港湾を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

澎湖島
ほうことう / ポンフータオ

中国南東部、台湾海峡上にある澎湖列島最大の島。台湾島の西50キロメートルに位置し、台湾の澎湖県に所属する。面積64平方キロメートル。旧称平湖(へいこ)。地勢が平坦(へいたん)で、おもに玄武岩からなり、周囲はサンゴ礁に覆われる。歴史的に台湾島より開発が早い。中心地の馬公(まこう)は天然の良港で、軍事上の要衝となっている。海上の守護神媽祖(まそ)にちなむ信仰が盛んで、町の中心に媽祖廟(びょう)がある。漁業が主産業で、農業は、風が強く雨が少ないため、サツマイモとラッカセイの生産が中心である。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

澎湖島の関連キーワードバシー海峡台湾台湾海峡台湾茶福建澎湖諸島彰化台湾パナマ台湾檜淡水河

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澎湖島の関連情報