コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾高速鉄道 タイワンコウソクテツドウ

デジタル大辞泉の解説

たいわん‐こうそくてつどう〔‐カウソクテツダウ〕【台湾高速鉄道】

台湾を縦貫する高速鉄道。2007年開業で、台北駅と高雄市郊外の左営駅を約90分で結ぶ。車両は日本のJRグループが、軌道や運行システムは欧州の企業群が受注・開発した。台湾新幹線THSR(Taiwan High Speed Rail)。
[補説]台湾高速鉄道の駅:台北‐板橋‐桃園‐新竹台中嘉義台南‐左営

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

台湾高速鉄道【たいわんこうそくてつどう】

台湾の西海岸に沿って,台北から高雄までを最高速度300km/h,ノンストップで所要時間90分で結ぶ計画である。日本として新幹線の車両技術を輸出・現地導入した初めての事例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台湾高速鉄道
たいわんこうそくてつどう
Taiwan high speed rail

台湾の台北(たいほく/タイペイ)市と高雄(たかお/カオシュン)市(左営(さえい/ズゥオイン)駅)の間約345キロメートルを最短1時間30分で結ぶ高速鉄道。海外で初めて日本の新幹線システムを導入し、2007年に開業した。台湾では台湾高鉄とよばれる。台湾新幹線とよばれることも多い。総工費は約1兆8000億円。日本企業は台湾新幹線を足がかりに、アジアなどでの高速鉄道計画の受注をねらっているが、欧米勢も巻き返しをみせている。
 1990年代に計画がスタートし、いったんフランス・ドイツ企業連合が受注した。しかし地震対策などを考慮して1999年に日本の新幹線システムも採用、現在は日欧方式が混在している。日本のシステムは軌道、車両、信号などに広く採用されており、車両は東海道・山陽新幹線700系のぞみの技術を基に、白地にオレンジと黒のラインをあしらった700T系となった。
 運営会社は台湾高速鉄路。建設の遅れもあって予定より2年遅れの2007年1月に板橋(バンチャオ)(台北県)‐左営間で運転を始め、同年3月に全面開通した。新幹線開通で台湾南部までが日帰りできる一日生活圏となり、生産、物流、観光面などの経済波及効果が期待されている。台湾交通部(交通省)は新幹線を台湾南部の屏東(へいとう/ピントン)県まで延伸させる計画をもっている。ただ台北‐高雄間の運賃は片道約4000円とバスなどの3倍程度の高さで、世界同時不況の影響もあって平均乗車率は3~4割台に低迷している。建設にあたって巨額の負債を抱えており、経営の先行きを懸念する声も出ている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

台湾高速鉄道の関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台湾高速鉄道の関連情報