コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合股 ごうこhe-gu; ho-ku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合股
ごうこ
he-gu; ho-ku

中国の伝統的な共同出資による企業形態。「股」とは株の意。複数の出資者が連帯して無限責任を負うもので,出資者は血縁もしくは地縁で結ばれているのが普通であり,株の処分も出資者間の了解を必要とした。唐・宋時代から始ったといわれるが,中国の中小規模の商業,手工業経営にとって最も普遍的な資本集積の方法であった。近代になって株式会社に発展したものもあったが,それはわずかで,人民共和国成立時にもなお多く存在し,政府の指導で連合経営体を形成しつつ,徐々に社会主義経済へ改造されていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうこ【合股 hé gǔ】

旧中国における特殊な企業形態。股とは持分(株)のこと。出資者(財東)と経営者(経理・管事)がそれぞれ資本と労力を出しあって企業を組織し,利益はまず一部を出資者に優先配分し(官利),積立金を差し引いた残りを出資者・経営者・使用人にそれぞれ持株分に比例して配分する(紅利)。官利とは借入金利子,紅利は利潤にあたる。日本の組合,ヨーロッパのソキエタスに類似する企業形態で,16世紀ごろから存在を知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の合股の言及

【商人】より

…行商は公行という組合をつくり,連帯責任のもとで業務を営んだ。 商人の一般的な経営形態は個人経営か,合股(ごうこ)あるいは合夥(ごうか)と称された共同経営か,そのどちらかであった。合股は2人以上の出資者(財東)が共同の損益計算で経営する形態で,その起源は必ずしも明らかではないが,文献的には宋代にはすでに存在していたことが知られ,明清時代には広く行われた。…

※「合股」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合股の関連キーワード公司

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android