コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合股 ごうこ he-gu; ho-ku

2件 の用語解説(合股の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合股
ごうこ
he-gu; ho-ku

中国の伝統的な共同出資による企業形態。「股」とは株の意。複数の出資者が連帯して無限責任を負うもので,出資者は血縁もしくは地縁で結ばれているのが普通であり,株の処分も出資者間の了解を必要とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごうこ【合股 hé gǔ】

旧中国における特殊な企業形態。股とは持分(株)のこと。出資者(財東)と経営者(経理・管事)がそれぞれ資本と労力を出しあって企業を組織し,利益はまず一部を出資者に優先配分し(官利),積立金を差し引いた残りを出資者・経営者・使用人にそれぞれ持株分に比例して配分する(紅利)。官利とは借入金利子,紅利は利潤にあたる。日本の組合,ヨーロッパソキエタスに類似する企業形態で,16世紀ごろから存在を知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の合股の言及

【商人】より

…行商は公行という組合をつくり,連帯責任のもとで業務を営んだ。 商人の一般的な経営形態は個人経営か,合股(ごうこ)あるいは合夥(ごうか)と称された共同経営か,そのどちらかであった。合股は2人以上の出資者(財東)が共同の損益計算で経営する形態で,その起源は必ずしも明らかではないが,文献的には宋代にはすでに存在していたことが知られ,明清時代には広く行われた。…

※「合股」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合股の関連キーワード合作社経営財務形態音韻論持分会社石井ランシング協定企業形態忍術役物古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法農業企業形態

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone