コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村流 よしむらりゅう

3件 の用語解説(吉村流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉村流
よしむらりゅう

日本舞踊,上方舞の一流派。京都で御殿舞 (篠塚流の説もある) を学んだ吉村ふじ (?~1909) に始る。山ノ内ふくの門弟小ふくに学び,一流を樹立。2世家元は1世の門弟ゆう (1865~1932) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしむら‐りゅう〔‐リウ〕【吉村流】

日本舞踊の上方舞の流派の一。明治中期に吉村ふじが創始。繊細で軽妙な技法を特色とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉村流
よしむらりゅう

上方(かみがた)舞の流派。流祖は吉村ふじ(?―1909)で、京都の御殿舞(ごてんまい)の師匠山ノ内ふくの門下、小ふくに師事し、山ノ内ふじを名のる。明治30年代に京都から大阪に移って吉村流をおこし、南地芸妓(げいぎ)の師匠を勤めた。2世家元は初世の門弟ゆう(1865―1932)が継いで地盤を広げ、3世家元は2世の門弟雄光(ゆうこう)(1909―61)が継承。4世家元雄輝(ゆうき)(1923―98)は初の男性家元で、新作や古曲の振付けを意欲的に行い、また早くから東京にも進出して門下を育成し、流儀を発展させた。1986年(昭和61)人間国宝に認定され、97年(平成9)文化功労者。雄輝の没後、5世家元を門弟雄輝夫(ゆきお)(1932―2000)が継承。雄輝夫の没後、6世家元を雄輝の門弟輝章(きしょう)(1947― )が継いだ。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉村流の言及

【日本舞踊】より

…さらに新舞踊からも新流派はあり,藤蔭流,五条流,林きむ子(1886‐1967)の林流,西崎緑の西崎流がある。上方舞では篠塚文三郎(?‐1845)を祖とする篠塚流,井上八千代の井上流,山村友五郎による山村流,楳茂都(うめもと)扇性の楳茂都流,吉村ふじ(?‐1909)の吉村流等がある。歌舞伎舞踊【菊池 明】。…

※「吉村流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉村流の関連キーワード井上流楳茂都流上方舞山村流花柳地歌舞瀬山流藤間女方舞踊御殿舞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉村流の関連情報