コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名月八幡祭 めいげつはちまんまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名月八幡祭
めいげつはちまんまつり

歌舞伎作品。3幕6場。 1918年8月東京歌舞伎座初演。万延1 (1860) 年江戸市村座初演の河竹黙阿弥作『八幡祭小望月賑 (はちまんまつりよみやのにぎわい) 』を池田大伍が近代的視点で書き改めたもの。情夫船頭三次のために金につまった江戸深川の芸者美代吉に,越後の縮屋新助は国元の家屋敷を売って金を調達するが,ほかで工面のついた美代吉に愛想づかしされる。怒りのあまり新助は,十五夜の深川八幡祭の宵に美代吉を殺して発狂する。粋な深川芸者と,もてあそばれた実直な田舎商人の対比を巧みに描いた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名月八幡祭
めいげつはちまんまつり

池田大伍(だいご)作の戯曲。三幕六場。1918年(大正7)8月歌舞伎(かぶき)座で、2世市川左団次、4世沢村源之助、市川寿美蔵(すみぞう)(寿海)らにより初演。深川芸者美代吉には船頭三次という情夫があったが、金に詰まり、越後(えちご)からきた縮屋(ちぢみや)新助に100両の金の工面を頼む。美代吉にほれ込んでいた新助は、故郷の家や田畑を売って金をこしらえたが、旗本藤岡からの金が届いて窮地を救われた美代吉は、新助に返金し愛想づかしをする。怒り狂った新助は、深川八幡の宵宮(よいみや)に美代吉を切り殺す。河竹黙阿弥(もくあみ)作『八幡祭小望月賑(よみやのにぎわい)』に拠(よ)りながら、恋に賭(か)けたいちずで純朴な縮屋新助と、奔放な芸者美代吉との性格対比をみごとに描いた、作者の代表作。[藤木宏幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名月八幡祭の関連キーワード市村 羽左衛門(17代目)池田 大伍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名月八幡祭の関連情報