コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名月八幡祭 めいげつはちまんまつり

2件 の用語解説(名月八幡祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名月八幡祭
めいげつはちまんまつり

歌舞伎作品。3幕6場。 1918年8月東京歌舞伎座初演。万延1 (1860) 年江戸市村座初演の河竹黙阿弥作『八幡祭小望月賑 (はちまんまつりよみやのにぎわい) 』を池田大伍が近代的視点で書き改めたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名月八幡祭
めいげつはちまんまつり

池田大伍(だいご)作の戯曲。三幕六場。1918年(大正7)8月歌舞伎(かぶき)座で、2世市川左団次、4世沢村源之助、市川寿美蔵(すみぞう)(寿海)らにより初演。深川芸者美代吉には船頭三次という情夫があったが、金に詰まり、越後(えちご)からきた縮屋(ちぢみや)新助に100両の金の工面を頼む。美代吉にほれ込んでいた新助は、故郷の家や田畑を売って金をこしらえたが、旗本藤岡からの金が届いて窮地を救われた美代吉は、新助に返金し愛想づかしをする。怒り狂った新助は、深川八幡の宵宮(よいみや)に美代吉を切り殺す。河竹黙阿弥(もくあみ)作『八幡祭小望月賑(よみやのにぎわい)』に拠(よ)りながら、恋に賭(か)けたいちずで純朴な縮屋新助と、奔放な芸者美代吉との性格対比をみごとに描いた、作者の代表作。[藤木宏幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名月八幡祭の関連キーワード梅雨小袖昔八丈遊女歌舞伎歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎役者実録忠臣蔵歌舞伎踊金井由輔(3代)戸川不琳頼朝の死

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名月八幡祭の関連情報