コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田大伍 いけだだいご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田大伍
いけだだいご

[生]1885.9.6. 東京
[没]1942.1.8. 東京
劇作家。本名銀次郎。早稲田大学英文科卒業。文芸協会の演出主事として新劇運動に参加し,1913年協会の解散後,それを受継ぐ形で東儀鉄笛,土肥春曙らと無名会を結成した。その頃から劇作に筆を染め,『滝口時頼』『西郷と豚姫』など自作を同会で上演。解散後は劇作に専念し,岡鬼太郎永井荷風,岡本綺堂らの七草会に加わり,2世市川左団次のために作品を提供するなど,新歌舞伎興隆に努めた。その他の作品に『茨木屋幸斎』『名月八幡祭』『男達ばやり』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐だいご【池田大伍】

[1885~1942]劇作家。東京の生まれ。本名、銀次郎。文芸協会などの演劇活動に力を注ぎ、多くの戯曲を書いた。作「名月八幡祭」「西郷と豚姫」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田大伍 いけだ-だいご

1885-1942 大正-昭和時代前期の劇作家。
明治18年9月6日生まれ。池田弥三郎の叔父。坪内逍遥(しょうよう)に師事。文芸協会をへて,大正2年無名会結成に参加し,「西郷と豚姫」などをかく。のち2代市川左団次のブレーンとなり,「名月八幡祭」「男達(おとこだて)ばやり」などを執筆した。昭和17年1月8日死去。58歳。東京出身。早大卒。本名は銀次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いけだだいご【池田大伍】

1885‐1942(明治18‐昭和17)
劇作家。本名は銀次郎。東京の商家に生まれ早大英文科卒。大学時代の恩師坪内逍遥の信任厚く,後期文芸協会の演芸主任をつとめ,協会解散後は新劇団無名会を結成,劇作家として活躍した。無名会解散後は2世市川左団次のブレーンとなる。1928年左団次一座の訪ソ公演に同行,帰国後は中国文学を研究した。新歌舞伎の代表作として《西郷と豚姫》《名月八幡祭》等がある。【大笹 吉雄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いけだだいご【池田大伍】

1885~1942) 劇作家。東京生まれ。本名、銀次郎。早大卒。西欧近代劇および江戸文学に通暁。代表作「名月八幡祭」「西郷と豚姫」「根岸の一夜」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田大伍
いけだだいご
(1885―1942)

劇作家。東京生まれ。本名銀次郎。早稲田(わせだ)大学英文科卒業後、文芸協会幹事となり坪内逍遙(しょうよう)の事業を助けた。1913年(大正2)協会解散後、東儀鉄笛(とうぎてってき)、土肥春曙(しゅんしょ)らと無名会(むめいかい)をおこし、『茨木屋(いばらぎや)幸斎』(1915)、『西郷と豚姫』(1917)などを執筆、提供した。のち2世市川左団次のブレーンとして、代表作『名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)』(1918)、『男達(おとこだて)ばやり』(1926)を書き、江戸趣味豊かな作風をみせた。また、元雑劇(げんざつげき)の研究家でもあり、遺著『池田大伍戯曲選集』(1942)のほか、『元曲五種』が復刻されている。[藤木宏幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

池田大伍の関連キーワード池田 大伍江戸文学国立劇場通暁池田根岸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android