名色(読み)みょうしき

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐しき ミャウ‥【名色】

〘名〙 (nāma-rūpa の訳語。「名」は精神的な面、「色」は物質的な面をいう) 仏語。十二因縁の一つ。心的なものと物的なものとの集まり。精神と物質。また、認識の対象となるもの。一説に五蘊(ごうん)の総称。
秘蔵宝鑰(830頃)中「識 為因、名色為縁」 〔倶舎論‐九〕

めい‐しょく【名色】

〘名〙
① ものの種類。事物種別
※大学垂加先生講義(1679)「細に反覆して、各其義理名色のあたるところを見べし」
② すぐれた芸妓。評判の高い芸者。名妓

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の名色の言及

【仏教】より

…その次第は,(1)無明(むみよう)(根源的無知)→(2)行(ぎよう)(身・口・意による三業)→(3)識(しき)(心。分別的な認識)→(4)名色(みようしき)(精神的要素と物質的要素。認識の対象)→(5)六入(ろくにゆう)(眼・耳・鼻・舌・身・意の六種の感官)→(6)触(そく)(認識,感官,対象の接触)→(7)受(じゆ)(苦楽などの感受)→(8)愛(渇愛(かつあい)。…

※「名色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android