コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉茱萸湯 ごしゅゆとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ごしゅゆとう【呉茱萸湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)呉茱萸人参(にんじん)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。頭痛嘔吐(おうと)悪心(おしん)しゃっくりに用い、手足の冷えをともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の低下している人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

漢方薬のひとつ。頭痛、吐き気などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android